交通事故にあわないために

交通事故にあわないためには、どうしたらよいのでしょうか?交通事故の原因は、一概には言えませんが、焦りや苛立ちによるもの、交通法規の知識不足によるもの等のほかに、お互いに譲り合えば防げたと思われるものもかなりあると考えられます。

例えば、通常の交差点では、直進する車と、右折したい車、左折したい車があります。
信号の色や矢印を見ながら、どちらが先に進むか、どちらを先に行かせるかをドライバーは判断できます。
では狭い道で対向車がすれ違う状況ではどうでしょうか?道路の広さや車の大きさを見ながら、減速したり、お互いに左右に少し寄ったりして、スムーズに通過できるよう配慮するのではないでしょうか。
どちらかが配慮を怠ると、ドアミラーが接触するといった事故につながります。
コンビニの駐車場などから道路に出たがっている車が視界に入った場合はどうでしょうか?1台なら自分の目の前に入れてもよいと思われますが、焦っているときは、無視して進みたくなりますが、入れてもらえると、ランプでありがとうと意志が示され、お互いにほっとする瞬間があります。
信号がない横断歩道上で、歩行者がたっていたとしても、それだけでは判断がつきません。
歩行者が手を上げていれば、横断したいという意志が明確に分かるため、こちらも、余裕をもって停車することができます。
歩行者側も車に意志を伝える配慮をすることで、お互いに誤解を避けることができます。

本サイトではお互いに譲り合うことが交通事故を防ぐポイントと考え、運転者側に求められるもの、歩行者側に求められるものに分けて、留意点を整理します。



~特集~
交通事故の被害の慰謝料について無料で相談することが可能です --- 交通事故 慰謝料